団体リーグ戦施行規約(平成30年4月13日改正)

※規約を一部改定しています。下線部をご確認ください。

(総則)

第1条 連盟の主催するリーグ戦は、本規約により施行する。

第2条 競技は、日本卓球協会制定現行「日本卓球ルール」によって行う。

第3条 ボールは、日本卓球協会使用指定球を使用する。

(チーム編成の制限並びに編成基準)

第4条 1  区内在住、在勤、在学者で編成したチーム及び在クラブチームであること。

   2 チームの編成単位は、2以上企業、クラブ、学校の連合であってはならない。

   3 新規加盟は下記の条件を全て満たし理事会の承認を得たもの。

(1)新規登録員の全員が渋谷区在勤、在住であること。
(2)連絡員の住所が渋谷区内にあること。ただし、全て在勤者で編成したチームにあっては、連絡員の住所が渋谷区内にあることを要しない。
(3)主な練習場所が渋谷区内にあること。
(4)既に登録されているチームが新たにチームを増やす場合も上記条件を満たしていること。ただし、現在登録をしている個人は新規チームへの移動は認めない。
(5)新規登録チームは、1年間、追加登録及び移動は認めない。

第5条 削除 (以下、条番号繰り上げ)

第5条 1 1チームの出場選手定数、編成はつぎの通りとする。

 男子 4名以上 5点編成(1番、2番複、他は単) 3点先取で勝ち
女子 4名以上 5点編成(1番、2番複、他は単) 3点先取で勝ち

  2 緒戦において出場選手が定数に満たないチームは、その後の試合全て棄権扱いとする。ただし、当該チームの出場選手が3人の場合、希望すればオープン試合をすることができる。なお、オープン試合は、1番複は当該チーム不戦敗、2番以降の試合を行い、いずれかのチームが3点を取った時点で終了するが、記録には反映しない。

   単には同一選手が重複して出場することはできない。複も同様である。

(リーグ戦出場選手の資格制限)

第6条 加盟手続により登録された選手であること(1チーム10人以内)。ただし、追加登録は、前期大会申込期日まで認める。

第7条 同一所属クラブで複数チームを登録している場合にあっても、前期後期とも選手の移動は認めない。

(組合せ)

第8条 男女各ブロックの編成を審議・決定するため、組合せ委員会を設置する。

第9条 組合せ委員会は、理事3名以上をもって構成する。

第10条 新規加盟チームは、種別の最下部に属する。

第11条 各ブロックのリーグ戦において優勝したチームは、次期より昇部する。

第12条 1 リーグ戦に参加申し込みをしないチームは、次期に降部する。

2 リーグ戦当日棄権したチームは、前項に準ずる。

3 戦績最下位チームは、次期に降部する。

第13条 前条の規定にかかわらず、各ブロックの編成上、成績順に昇部させ、又は降部させる場合もある。

(実施報告)

第14条 試合成績は、ポイント数まで記入すること。

(参加料等)

第15条 1 登録料は、4,000円とする。

2 参加料は、4,000円とする。

3 当日不参加又は棄権したチームについては、参加料の返還はしない。

(その他)

第16条 1 リーグ戦各ブロックの優勝チームに賞品を授与する。

2 前期及び後期においてAブロックが2以上となった場合、Aブロックの各1位チーム同士による王座決定戦を行う。

附則 本規約は、平成4年前期リーグ戦から適用する。
附則 本規約は、平成8年前期リーグ戦から適用する。
附則 本規約は、平成13年前期リーグ戦から適用する。
附則 本規約は、平成24年前期リーグ戦から適用する。
附則 本規約は、平成26年前期リーグ戦から適用する。
附則 本規約は、平成29年前期リーグ戦から適用する。
附則 本規約は、平成31年前期リーグ戦から適用する。なお、第16条にあっては、平成30年度前期リーグ戦から適用する。(平成30年4月13日改正)

 

(説明)

1 第5条 削除 (平成31年度前期リーグ戦から適用)

「第5条 1種別のリーグに同一団体が2組以上出場するときは、技量順に上位よりA組、B組、C組として編成しなければならない。」
Bチームの方がAチームよりランク上位のケース等があるため。

2 第5条第2項 (平成31年度前期リーグ戦から適用)

大会当日、出場選手が定数に満たないチームの取り扱い及びオープン戦について明文化した。

3 第7条 (平成31年度前期リーグ戦から適用)

同一所属クラブで複数チームを登録している場合、これまで下位チームからの選手の移動を認めてきたが、受付時等に混乱を生じる原因となっているため、移動を認めないこととした。年度更新の際は、移動を可能とするが、リーグ戦編成に影響があるため、各チームとも主要選手最低2名は残すようにすること。

4 第16条 (平成30年度前期リーグ戦から適用)

第1項 優勝チームに賞品を授与することを明文化した。

第2項 Aブロックが2以上になった場合、1位になったチーム同士は、その後の期においてもAの各ブロックの最上位となるため、対戦できる機会がない。そのため、Aの各ブロック1位のチーム同士が対戦する機会をつくり、その期における王座を決定し、栄誉をたたえる。